賃貸物件検索サイトで条件を絞って良い物件を探す

今では店舗に探してもらうより自分で探す方が便利

かつて、1990年代くらいまでは、賃貸物件の検索環境が今ほど整備されていなかったため、賃貸物件を探す場合、店に行って提案してもらったりFAXで条件に合う物件を送ってもらうのが主流でした。しかし、現在では大半の賃貸物件が物件検索サイトの検索対象となっています。そして、色々な条件を加えてわがままな物件探しをすることが出来ます。店に行って様々な条件をつけて合致する物件を探してもらうのが気が引けるという場合は、自宅で思う存分色々な条件をつけて心置きなく探す形のほうがおすすめです。

例えば楽器・ペット相談可の物件も多い

過疎地においては物件自体が少数なため、楽器相談可・ペット相談可というような物件はそんなに多いとは言えません。しかし、大都市で探す場合は物件の基本的な多さに比例し、楽器やペットOKの物件も結構多く見つかる傾向です。そのため、楽器を弾きたい・ペットを飼いたいという条件がとても重要な場合は、希望地域内で物件が少ない場合、もう少し検索地域の範囲を広げて大都市も含めて検索してみるのがおすすめです。

冷房・暖房器具の有無もチェック

例えば、札幌には夏は暑いもののエアコンがない物件がありますので、それに気づかずに契約してしまうと夏に不快な思いをするリスクがあります。逆に冬にコストが高い暖房器具しかついていない物件を選んでしまうと冬の暖房費が跳ね上がる可能性があるので、部屋についている暖房器具のコスト傾向も要チェック事項です。

敷金・礼金は気にしない

礼金は返却はないものの、敷金に関してはきれいに使っていれば全額ではないにせよ、十分返却してもらえる可能性があるものです。そのため、良い条件の物件があったら敷金がやや高めでも気にせずにそこに決めてしまう方がおすすめです。

旭川の賃貸相場は、近年下がってきてます。札幌市への一極集中の原因に伴い人口が減少してるからです。札幌市までの通勤に時間が掛かるのも要因です。