建物の構造によって音の響き方が違う

賃貸のマンションやアパートは、部屋同士が隣り合った構造になっているため騒音トラブルがよく起こりがちです。そして音の響き方は建物の構造によって大きく変わるため、賃貸物件を選ぶ際はその特徴をよく知っておくことが重要でしょう。

音が響きにくい建物の構造とは

まず、マンションやアパートの建物の構造は、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造の主に3つに分けることができます。そしてこの中で一番音が響きにくいのが、鉄筋コンクリート造であり、日常的な生活音をシャットアウトすることできます。鉄筋コンクリート造は、文字通りコンクリートが使われているため、壁の密度が高く音を通しにくい構造になっているのが特徴です。なので、音が気になる場合は鉄筋コンクリート造の物件を選ぶのが賢明だと言えるでしょう。ただし、鉄筋コンクリート造であっても、建物よっては防音性に違いがありますし、床などは響きやすい場合もあるため注意が必要です。

音が響きやすい建物の構造とは

一方で音が響きやすい建物の構造としては、木造が挙げられます。木造は家賃が安かったり通気性が良いなどのメリットがありますが、隣の部屋の声が聞こえるなど防音性は低い場合が多いため、音が気になる場合は避けたほうがよいでしょう。そして鉄骨造に関しては、軽鉄骨造と重鉄骨造があり、木造よりは防音性があるとされています。しかし、軽鉄骨造については、壁が薄く、グラスウールを詰めるなどの防音対策が取られていない場合も多いため音が響きやすくなると言えるでしょう。

江別市の賃貸相場は、札幌市や北広島市に比べると低下傾向です。江別市は車移動が多く列車やバス等の交通網に不安があるためです。