ライフスタイルや家族構成をもとに選ぶ

マンションを取り巻く環境は、ライフスタイルや家族構成によって大きく事情が変わります。子どもが生まれる前は最寄り駅から近い場所が良くても、いざ生まれると近くに公園が無い、学校が遠いといった問題も発生します。そのためマンションを購入する際は、家族の将来をイメージしておくことが大事です。

将来を見越して選ぶ間取りと階数

家族構成の変化で間取りが窮屈に感じることがあります。その理由として子どもが成長し体が大きくなった、家具などが増えて部屋が狭くなったなどが挙げられます。また見晴らしの良い高層階は日当たりも風通しも良いですが、寒暖差が激しいといった面があります。景色だけでなく、メリットやデメリットも考慮して選びましょう。

マンションが抱える事情

実際住んでみないと分からない面もありますが、ある程度は事前にチェックすることができます。マンションを購入するなら事前の下調べは大事です。チェックすると良いのは騒音問題や管理組合の活動、隣人トラブルの有無などです。

住宅設備や構造について

中古マンションの場合は、使い勝手が良くない、住宅設備が古いといった面が見られるので、しっかりとチェックしましょう。新築マンションの場合は、共用部分の設備の使い方や、構造上不便な作りになっていないかをチェックしましょう。

マンション購入で発生する住宅ローンと諸経費

マンションを購入した場合、購入時のみに費用がかかるわけではなく、修繕積立金や管理費といった費用が発生します。またエレベーターが故障すれば修繕工事が必要になるため、住民にも工事費用の負担を求められることがあります。そしてそれ以外にも固定資産税がかかります。マンション購入は、住宅ローン以外の費用を明確にし、計画的な返済を行う必要があります。

宇都宮のマンション購入ではオートロックや防犯カメラなどセキュリティが整っているマンションがあるので安心して購入できます。