注文住宅を建てる方法

「衣・食・住」のひとつ「住まい」は、私たちにとって大切な存在です。居心地のよい生活空間は明日への活力を養ってくれます。そのためにも、自分に合った家づくりが大きな課題になります。住宅の購入に際しては、建売住宅と注文住宅から選ぶ方法があります。どちらにするのかは個々の考え方にもよります。しかし、自分が思い描く家を形にするには、注文住宅のほうがよいかもしれませんね。間取りはもちろんのこと、屋根や外壁などに使う建築資材1つひとつにも、自分の希望を反映させることが可能です。

中古住宅をリノベーションする方法

自分好みの家をつくる方法として、中古住宅をリノベーションすることも選択肢のひとつです。中古住宅を購入するための資金が必要ですが、リノベーション費用を合わせても新築住宅よりも安い場合が少なくないからです。ただし、リノベーションする課程で、想定外の追加費用が掛かるかもしれません。また、築年数が古い物件のなかには、現在の「建築基準法」を満たしていないものもあるため注意しましょう。

後々のことも考えて検討しよう

住宅は高い買い物。そのため、一生のうちに何度も購入できないものだとの覚悟が必要ではないでしょうか。住宅の間取りは家族に合わせることが望ましいですが、家族の成長や増減に合わせた変更が可能かどうかも考えておきたいですよね。また、住宅を購入したときがベストの状態で、日が経つにつれて古くなっていくとの認識も必要になります。そのため、住宅改修費用などの準備は早めに始めたほうがよいでしょう。なお、リフォームやリノベーションを自分でする方法もありますが、資格がないとできない工事が存在することを知っておきたいですね。

フリーダムアーキテクツの公式サイト