オール電化なら火を使わない生活が可能

生活をする上で、通常は電気、ガス、水道、電話などの契約をします。水道は市の水道局との契約ですが、電気とガスは最近は自由化されて会社を選択できるようになっています。できるだけ安い生活をするためにはどんな賃貸物件を選ぶのがいいかです。その時、オール電化の物件を選ぶ選択があります。ガスが通っていないため、これまでガスを利用していた部分が電気になります。キッチンではガスレンジではなくIHなどを使いますし、お風呂も電気での給湯になります。ガスを使うと火を使う生活になるので、子供が小さいと少し気になるかもしれません。ガス漏れなどがあっても大変です。オール電化であれば火を使わないので、ガスでの生活よりも安心できるでしょう。

夜中心の生活ならオール電化物件がお得

戦後などは計画停電でなくても頻繁に停電が起こっていたとされます。新興国などでは今もありますが、電気の供給が急にできなくなる状態になるようです。日本でも震災以降計画停電が行われるときがあり、電気の利用に不安を持つときがありました。賃貸物件を選ぶときも、もし計画停電の時にはどうなるのかとオール電化の物件は避ける人もいたようです。将来的に計画停電になるかどうかはわかりませんが、今のところはある程度安定した供給がされるでしょう。もし昼間に滞在する時間が少ないのであれば、オール電化の物件が得になる可能性があります。計画停電があるとしても昼間が中心です。電気の供給は昼間にピークを迎え夜は少なくなります。夜は安い電気料金のプランがあるので、そちら中心なら光熱費が安くなります。

東札幌の賃貸は、駐車場付きの物件が多く存在しますが、平置きタイプや機械式など、物件ごとに駐車場のタイプが異なる場合もあります。