初期費用は敷金・礼金だけじゃない!

賃貸物件の初期費用といえば、敷金と礼金が有名ですね。でも、それだけじゃないんです。これら以外にも、仲介手数料や前家賃、火災保険料や賃貸保証料など様々な初期費用が発生します。また、新生活を始めるために必要な家具や家電も一通り揃える必要もあります。これら初期費用の存在をきちんと理解しておかないと、賃貸物件を借りる時に予算オーバーで困ることになります。これから賃貸物件を探すときは家賃の金額を確認するだけじゃなく、これらの初期費用を含めたトータル費用で物件比較をするようにしましょう。

初期費用の相場はいくら?

単身者が賃貸物件を借りる場合、初期費用の一般的な相場は家賃6ヶ月分程度だと言われています。例えば家賃10万円の賃貸物件を借りる場合、60万円程度の初期費用が必要になります。ただし、この金額はあくまで目安です。好条件の物件だと、これよりさらに費用が増す場合があります。繁忙期に引っ越す場合、引っ越し費用も割り増しになるので、相場より余分に予算を見積もっておく必要があります。

初期費用を安く抑える方法

初期費用を少しでも安く抑えたいなら、物件探しに時間をかけましょう。礼金のない物件や仲介手数料の安い不動産会社を選べば、初期費用もある程度安く抑えられます。アウトレットや中古品を探せば、家具家電も安く購入できます。春の引っ越しシーズンを避ければ、引越し費用もある程度、安く抑えられます。新生活に負担をかけないように、初期費用を安くできる工夫をしてみましょう。

菊水の賃貸では、光ファイバーによるインターネットが利用可能な物件も多く存在するため、ネット環境を重視している人でも快適に暮らせます。